臨床研究

医学研究実施のお知らせ

当財団倫理審査委員会の審査を受け、以下の研究を実施しております。
研究の対象となる方(または代理人の方)で、この研究計画について詳しくお知りになりたい場合、この研究に試料や情報を利用することをご了解できない場合は、【問い合わせ先】へご照会ください。

【研究課題名】

人工膝関節全置換術における在院日数に影響を与える因子の検討

【研究の概要】

  • 研究の目的

人工膝関節全置換術は、変形性膝関節症を有する患者さんの歩行能力改善が早期に期待できます。手術後の入院日数は、早期リハビリテーションの開始が重要と言われています。当院では2018年4月以降より人工膝関節全置換術が開始となり、入院日数の状況やそれに影響を及ぼす因子についてわかっていません。本研究は当院における人工膝関節全置換術後患者の入院日数を調査し、その日数に影響を及ぼす因子について検討し、人工膝関節全置換後患者のリハビリテーションに対する課題を明らかにすることです。

  • 研究期間

2019年10月1日から2021年9月30日まで、研究の実施を予定しています。

  • 対象となる方等

研究機関:■附属杏雲堂病院 □湘南健診センター

対象となる方:当院で変形性膝関節症と診断され初回片人工膝関節全置換を施行しリハビリテーション治療介入を行った方。

  • 研究に利用する試料、情報等

試料:本研究は既存情報のみを用いて実施する研究になります。

情報:入院期間、年齢、身体所見(身長、体重、膝関節可動域、疼痛、歩行能力、バランス能力)、画像所見(レントゲン)、社会背景(介護度、介助者の有無)

  • 他の機関(検査会社等含む)へ試料や情報等を提供する方法

本研究には該当いたしません。

【問い合わせ先(対応時間:平日 08:30 ~ 16:30)】
公益財団法人佐々木研究所附属杏雲堂病院 リハビリテーション技術科
研究代表者: 平田 誠 電話:03 – 3292 – 2051(内線:2912)

利用する情報等からは、お名前、住所、電話番号など、個人を特定できる情報は削除いたします。
研究成果を学会や論文で発表する際も個人が特定できる情報は利用いたしません。