【ご挨拶】最適な診療と寄り添う医療を実践します

院長 坂本 優

 1882年6月1日に佐々木東洋先生が神田駿河台で杏雲堂醫院を開院され、次に佐々木政吉先生が第2代院長を務められ、続いて1939年、第3代院長・佐々木隆興先生が財団法人佐々木研究所を創設されました。杏雲堂病院は、本年6月で創立141周年を迎えます。この度、公益財団法人佐々木研究所・理事会ならびに評議員会の決議により、長い歴史と伝統のある佐々木研究所附属杏雲堂病院の第18代院長に就任いたしました。

 初代・佐々木東洋先生が提唱された「医学の進歩に寄与し、医業をもって社会に貢献する」という理念ならびに、佐々木敬理事長が提唱する以下の3つのビジョンを掲げ、医学の進歩に寄与し、医業をもって社会に貢献します。

1.患者が集まる中心的な柱となる専門診療科目を有する、社会から評価される病院となることを目指します。

2.患者ファーストの医療サービスを提供する病院となることを目指します。

3.実地臨床と基礎研究の連携に基づく高度な医学上の知識と技術を創造、蓄積、継承して行く病院となることを目指します。

 具体的には、患者さんの性別や年齢にかかわらず、悩みや未来を「患者ファースト」の医療でサポートします。多様な疾患を有する患者さんが、迷わずに的確な診療科を受診でき、個々の患者さんに寄り添った最適な治療を受けられることを目指します。「患者ファースト」の要件は、医師や看護師、診療技術部などの全職員が、患者さんの立場に立った心温まる医療を実践することであり、患者さんとご家族から「この病院を選んで良かった」と思っていただけることを目指します。全職員の協力・連携を通じて「患者ファースト」の医療を追及・実践し、患者さんが集まる病院となること、その結果、職員も満足し誇れる病院となること、さらに病院と研究所とのコラボレーションにより、高度な医学的知見を有した社会から評価される病院となることを目指します。

 2023年度は、ブレストセンターとの合併によるレディースセンターの拡大と再構築、手術室の増設と外科系手術、特に内視鏡手術の増加、プライマリーケアを重視した内科系診療部門の再構築、緩和ケアの拡充を含めた病棟再編など、患者さんに寄り添った良質な医療の提供を目指し多数の施策を検討して参ります。さらに地域医療のニーズに合わせ最適な診療体制を構築し、近隣の大学病院や、神田医師会をはじめとする近隣の医師会に所属する地域中核病院・診療所との連携を強力に推進します。また、病院管理においても、医療安全、感染対策、地域医療、組織運営、財務管理、企画戦略の6つの視点から、杏雲堂病院の維持発展のために最善を尽くしたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

杏雲堂病院の歴史と院長あいさつ(YouTube動画)