輸血治療を禁忌する患者さんへの対応について

当院は、宗教上の理由等により輸血を拒否する患者さんの思想や自己決定権を最大限尊重し、最善の治療を共に探り、患者さんの希望する輸血療法の代替療法もあらかじめ検討します。
ただし、輸血以外の救命手段がなく生命の維持が困難となった場合には輸血(相対的無輸血)を行うことをガイドラインとして定め、院内の共通ルールとしております。
この方針に従っていただけない患者さんには「転院」をお勧めいたします。