リハビリテーション技術科

リハビリテーションとは

ケガや病気により身体の機能や日常生活の動作に低下をきたした方に対して、 運動療法や物理療法などを提供し、機能の回復や日常生活動作能力の改善を図り、社会復帰(参加)を目指します。

当院の特徴

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、急性期治療を終えた方、在宅で生活をされていて一時的に入院加療が必要となられた方が、在宅復帰を目指して入院される病棟です。患者さんが安心して在宅に帰れるように一人一人の目標に合わせて支援していきます。

リハビリテーションは、担当のスタッフが機能訓練・日常生活動作訓練・生活関連動作訓練などの個別リハビリテーションを行うほか、専従のスタッフが入院時の状態の確認、実生活に即した場面での歩行訓練・トイレ動作訓練・入浴訓練などを実施しています。また、必要に応じてご自宅を訪問し、動作の確認・福祉用具の利用・住宅改修の有無などの検討をケアマネージャーと連携をとりながらおこなっています。

整形外科

整形外科手術を目的に入院される方に対しては、手術前にリスク管理の説明や運動指導をさせていただきます。手術後は、医師の指示のもと翌日または翌々日に離床し、機能訓練、歩行訓練や日常生活動作訓練などを開始して早期退院を目指します。必要に応じて屋外の歩行訓練なども積極的におこなっています。
また、整形外科医師とリハビリスタッフで回診を実施し、リハビリの進捗状況などの確認をおこないます。情報共有を密にすることで、より良い医療を提供できるよう心掛けています。

がんのリハビリテーション

がんのリハビリテーションは入院中にがん治療をされている患者さんを対象に、医師・看護師・栄養士・薬剤師、リハビリテーションスタッフなどがチームとなっておこないます。

”がんと共存する時代”といわれる現在、「このがんなら杏雲堂」というスローガンを掲げ、診断・治療からリハビリテーションまで、生活の質(QOL)を高める支援を一貫しておこなえるよう心がけています。

乳腺外科・婦人科

乳腺外科手術後の方は、安静により肩関節の運動制限などが起こることがあります。医師や看護師とのカンファレンスにより、病態・手術方法や生活などを把握し、入院中に運動指導を行います。手術前に肩関節運動範囲や生活状況の確認、手術後に運動指導や退院後の自主トレーニング指導などを行い、手術による日常生活への影響を最小限にすることを目指します。

婦人科では、抗がん剤治療をうけている方に、退院後に円滑に日常生活に復帰できるよう、体力低下を防ぐための運動療法などを実施しています。

また、乳腺外科・婦人科とも特定の治療をしている方には、入院中・外来(1回のみ)にてリンパ浮腫指導(おもに運動指導と周径測定による浮腫の確認など)を医師や看護師とともにおこなっています。

腫瘍内科

入院中に化学療法や放射線治療といったがん治療をされる患者さんに、体力・筋力の維持を目的とした筋力増強訓練、有酸素運動などをおこないます。治療による副作用で体調に変調がある時期には、呼吸リハビリやリラクセーションなども組み合わせることで、体調に合わせたプログラムを提供します。また、日常生活活動訓練や環境調整の助言などをおこない、在宅復帰にむけた支援もおこないます。
各科医師や看護師、薬剤師、栄養士などと回診・カンファレンスを通じて連携を密にしながら、患者さんの多様な症状に対応できるよう努めています。

言語聴覚療法

病気や事故によって言いたいことがうまく伝わらない、呂律が回らないなどのコミュニケーション障害や、記憶や集中力が低下するといった高次脳機能障害を生じることがあります。食べる機能に問題が起こることもあります。このような問題を持つ方が、コミュニケーション能力や嚥下機能を改善し、家庭生活や社会生活への復帰を目指せるように言語聴覚士が専門的サービスを提供します。
嚥下については、週に1度、東京歯科大学水道橋病院の歯科医師と共に嚥下回診をおこない、嚥下内視鏡や嚥下造影検査なども実施しています。

物理療法

物理療法とは、機器を用いて身体に温熱や電気刺激などをくわえ、痛みの軽減などをはかり、運動をおこないやすい状態にします。

当院では、超音波治療器と電気刺激装置を使用しています。どちらもベッドサイドでのリハビリテーションを行う際にも利用が可能です。

対象と施設基準

対象
整形外科 膝および脊柱の術前・術後、上肢・下肢の外傷や骨折およびその術前・術後、変形性関節症など
循環器 心筋梗塞や狭心症発作などの心大血管疾患の急性期治療を終えた方
内科 関節リウマチなど
地域包括ケア病棟 当院、または他院にて急性期治療を終え、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要と医師が判断した方
外来 当院に入院して手術をされた方で、退院後も継続してリハビリテーションが必要な方
施設基準 運動器リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
地域包括ケア病棟入院料2 (6階)
がん患者リハビリテーション料
スタッフ 理学療法士: 常勤9名
非常勤1名
作業療法士: 常勤3名
言語聴覚士: 常勤1名

基本方針

1.患者さん・ご家族の目線にたち、共に前へ進むための支援をします

  1. 患者さん・ご家族のニードや生活環境に沿った治療・訓練を実施する
  2. 患者さん・ご家族の思いを共感し、求められていることに気づく関わりができる
  3. 笑顔を絶やさず、接遇を意識した関わりを重視する

2.関連職種・地域関連施設との連携により、安心してリハビリを受けられる環境をつくります

  1. 顔の見える連携を目指し、関連職種・施設の特色を把握した関わりをする
  2. 自ら発信し、チーム医療として在宅復帰支援の役割を果たす

3.専門職としての成長を支援できる環境をつくります

  1. 最良の医療を提供するためにスタッフの努力啓発と人材育成の充実をはかる
  2. スタッフ一人一人が目標を持ち、目的意識を高めた成長に繋げる

部門運営

  • それぞれの部門によって、それぞれの視点でマニュアル作成、スタッフ教育、サービス向上、効率化に向けた取り組みを主導します。また、スタッフの意見を反映し、スタッフの手により強化していく体制をとります。
  • 研究所附属病院として、臨床のみでなく、研究・学会活動、教育活動に力を入れます。