放射線科

全科からの放射線診断および放射線治療の依頼を受けて行っています。
院内のみならず、院外の病院、診療所、検診センターからも放射線診断・治療を依頼されています。
放射線治療は慶応義塾大学病院放射線科にご協力いただいております。

医師紹介

東條 愼次郎(科長)

放射線科 東條医師 杏雲堂病院
  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導医

土器屋 卓志(放射線科顧問)

放射線科 土器屋医師 杏雲堂病院
  • 日本放射線腫瘍学会元会長、特別功労会員、名誉会員
  • 日本医学放射線学会名誉会員、放射線治療専門医
  • 日本癌治療学会功労会員
  • 日本食道学会特別会員
  • 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)顧問
  • 内科系学会社会保険連合(内保連)顧問
  • 埼玉医科大学放射線腫瘍科元教授
  • 埼玉医科大学国際医療センター 包括的がんセンター放射線腫瘍科元教授

茂松 直之(非常勤医師)

  • 慶應義塾大学病院放射線科教授
  • 日本放射線腫瘍学会理事長
  • 日本医学放射線学会理事、研修指導者、放射線治療専門医、
  • 日本内分泌外科学会理事
  • 日本アイソトープ協会理事
  • 放射線治療品質管理機構理事長
  • がん治療認定医
  • 日本核医学会専門医

大橋 俊夫(非常勤医師)

  • 慶應義塾大学病院放射線科准教授
  • 日本医学放射線学会専門医
  • がん治療認定医
  • 日本医学放射線学会研修指導者

吉田 佳代(非常勤医師)

  • 慶應義塾大学病院放射線科助教
  • 日本放射線腫瘍学会会員
  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本医学放射線学会研修指導者
  • 日本食道学会会員

花田 剛士(非常勤医学物理士)

  • 博士(医学)
  • 慶應義塾大学病院放射線科専任講師
  • 医学物理士認定機構医学物理士認定
  • 国立がん研究センター非常勤研究員
  • 北里大学非常勤教員・客員研究員

主な対象疾患

全科の診断および放射線治療対象疾患

画像診断

当院では一般撮影3台(1台は検診の胸部専用)、X線TV3台(1台は検診用)、骨密度測定1台、マンモグラフィー1台、CT2台(80列,16列)、MRI1台が稼働しています。

放射線治療

リニアック1台です。

機器に関する詳細こちら

診療実績

検査名 2018年度 2017年度 2016年度
マンモグラフィ 1,885件 2,205件 2,456件
CT検査 4,261件 4,231件 4,864件
MRI検査 1,622件 1,541件 1,954件
骨密度検査 564件 446件 615件
血管撮影
(肝動脈塞栓術・動注等)
218件 257件 362件
放射線治療 1,296件 1,795件 1,558件

治療と診断について

画像診断の結果については、CD-Rにコピーして診断報告書と一緒にご依頼先に翌日の郵送となります。尚、お急ぎの場合はご相談下さい。

放射線治療

当院ではリニアックによる外部照射での放射線治療を行っています。X線あるいは電子線を照射します。痛みなどはありません。外部照射では1回の放射線の線量は少量ですが、毎日繰り返すことにより、副作用を減らし、治療効果を高める方法をとります。1週間のうち、月曜から金曜の5日間連続で治療を行い、通常2~6週間にわたり治療を行います。外来で治療可能です。1回5分程度の時間で済みます。

放射線診断

1.胸部、腹部等の一般のX線写真撮影および読影を行っています。
院内の患者さまのみならず、近隣の病院、診療所、検診センターから検査依頼をされております。

2.CT検査は、主に80列CTで行っています。従来型のCTと比較して検査時間の短縮や、一度の息止めで連続撮影可能な為、息止めの回数の減少により患者さまの負担の減少になります。
撮影自体は約10秒で撮影可能です。2回ないし3回撮影する事があります。
検査着に着替えていただくことや、CT検査室での撮影の位置決め、範囲指定などより検査時間は5分から15分程度かかります。
造影検査では造影剤を注射して施行するため、さらに数分かかります。造影剤使用により血管等の3D画像も可能となります。

3.腹部を中心とした血管造影検査も行っております。
DSA(デジタルサブトラクションアンギオグラフィー)装置で撮影を行います。
従来の血管造影では肋骨や脊椎が写真に写っていましたが、DSAでは血管のみの写真が撮影可能です。細かい枝の評価が可能となりました。
検査時間は1~2時間程度かかります。動脈を穿刺するため、1日入院が必要となります。
また、肝臓の治療を兼ねる場合では、10日程度の入院が必要となります。

4.MRI検査を行っています。(MRI=Magnetic Resonance Imaging 磁気共鳴画像)
東芝メディカル社製1.5テスラMRI装置を使用しています。
MRI検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する装置です。
X線を用いる検査と違って、MRIは磁気と電波を利用しているため放射線被ばくが無く、あらゆる断面の画像を得る事ができます。また、病気の形態を演出するだけでなく、詳細な広がりや性状の判断にも有効です。
検査時間は15分から1時間程度です。また、より詳しい検査を行うために造影剤を使用することがあります。

5.検診業務の依頼も引き受けています。最後になりますが、これら検査のみの依頼も随時引き受けています。なお、検査により院内の業務の都合上、曜日が固定されている検査ありますので、3F放射線科までご連絡、ご相談ください。

外来診療担当日割

科名

(午前のみ)
放射線科
休診 休診 休診 休診 休診 休診

土器屋 卓志 土器屋 卓志 茂松 直之
吉田 佳代
大橋 俊夫