光線力学療法(PDT)について

 光線力学療法(Photo-dynamic therapy; PDT)とは、レーザー光に反応する薬剤(フォトフリン)を静脈注射した後に、レーザー光線を病変部に照射しがん細胞を壊すという治療法です。当院は、エキシマ・ダイ・レーザーを用いたPDTを、初期子宮頸癌の治療に用いた世界で最初の病院です。レーザー照射には(1)コルポ照射・(2)子宮頸管照射の2種類を用います。

 出血や痛みがなく麻酔は必要ありません。メスや高出力レーザーによる円錐切除術では早産のリスクが高まり、子宮頸管の狭窄、子宮口の癒着が起きることがありますが、PDTは低出力レーザーを使用し、光化学反応によりがん細胞を選択的に死滅させ、子宮頸部の形態と機能を最も良く温存でき、妊娠出産を希望する方にお勧めします。現在、PDT希望者は20、30代のシングルの女性が増えています。

 原則的に、子宮頸部高度異形成~子宮頸部初期癌が対象です。現在までに700例以上の症例を治療いたしましたが、治療後3ヶ月の効果判定で97%が組織学的に病変消失しております。1996年から保険適応です。

 強い光に当たると日光過敏症が起き、しみが残ることもあるので遮光管理が必要です。徐々に部屋を明るくするため入院生活を20日間、退院後さらに5週間はできるだけ強い光を避けることが必要です。

PDTを受けられる方へ

図1: レーザー照射の方法

(1)コルポ照射

 フォトフリン静脈注射した後、48~72時間後、PDT専用コルポスコープを用いて直径10mmの円形スポットとして子宮膣部の病変に対して約10~20箇所、照射します。100J/cm2のエネルギー密度で照射します。

コルポ照射

(2)子宮頚管照射

全周性側方照射型頚管プローブを子宮頚管に挿入し、1mmずつ引き抜きながら子宮頚管の病変に対して照射します。

子宮頚管照射

PDT外来のお知らせ

PDT外来では、PDTについての詳しい説明を行うとともに、治療日程を決めていきます。

主な診療内容 子宮頸部病変に対するPDT、第2世代PDT臨床試験
診療日時 毎週 火曜日  午前9時~12時(予約制)
担当医師 坂本 優(さかもと まさる)

第2世代PDTの臨床試験のお知らせ(2015年3月~予定)

フォトフリンを用いたPDTによる子宮頸部上皮内腫瘍に対する高い治療効果やPDT後の妊孕性温存能は明らかですが、フォトフリンの副作用として光過敏症が強いため、約3週間の入院と遮光管理が必要となります。その問題を解決するため、光過敏症が少ないレザフィリンを用いた第2世代PDTの開発のため、子宮頸部上皮内腫瘍に対する臨床試験を予定しております。参加希望の方はPDT外来にてご相談ください。