薬剤科

業務内容紹介

調剤業務

入院患者さんと一部の外来患者さんの調剤を行っています。電子カルテシステムによって発行された処方箋に基づき、薬の量、飲み方、飲み合わせ等をチェックして調剤しています。
入院患者さんへは必要に応じて、数種類ある薬を用法毎に1回分ずつ分包し、患者さんの名前と用法、薬品名を印字するシステムを導入しています。

注射薬調剤

患者さん個人ごとにセットしています。薬を混ぜ合わせることで起こる配合変化や、投与量、投与速度などを確認しています。

注射薬(抗がん剤)混合調剤業務

入院・外来における抗がん剤の調製を行っております。がん化学療法実施前にはレジメン内容(投与計画、投与量、休薬期間など)の確認を行い、
適正かつ安全な治療を提供できるように努めています。

薬剤管理指導業務

患者さんのベッドサイドにて、処方された薬についての効果、飲み方、服薬にあたっての注意や副作用の説明を行っております。

医薬品情報業務

医薬品の情報を収集し、必要に応じてDI(医薬品情報)ニュースを発行し、院内への情報周知を実施しています。

製剤業務

医師からの要望により、治療上、有用ではあるが製品化されていない薬を製剤しています。

医薬品管理業務

医薬品の購入、在庫管理を行ない、各部署へ供給しています。